ワイン

チーズを食べるて血圧ケア

チーズというと塩分が多く含まれているので血圧が上がりやすいイメージがあるという方が多いですが実際はどうなのでしょうか。
実は、塩分に着目するのではなく、チラミンという物質が深く関係しているそうです。
このチラミンと呼ばれる物質には血圧を上昇させる効果があると言われています。
なので、低血圧の方がチーズを摂取することでケア、改善することが出来ると言われていますが、注意をしなければいけない点が何点かあります。

このチラミンは処方されている薬によっては有害であるという事です。
つまりどういうことかというと、本来であればチアミンはある程度体内に入ると解毒され急激に血圧を上昇させるのを防がれるのですが、抗がん剤の一種である塩酸プロカルバジンや結核の治療薬であるイソシアジドと一緒に体内に介在するとチアミンの働きを抑えることが出来ずに急激に血圧が上がり、動悸、息切れ、片頭痛を起こす可能性があります。
なので、こうしたお薬を処方されている方は、一度医師に相談するか服用前後は摂取することを避けた方が良いと言われています。

そして最後に、バランスが大事なのでチーズが良いからと言ってチーズばかり食べるのではなく、ほど良く適量に食べることをお勧めします。
もちろんチーズには血圧を下げる効果は全くないので高血圧の方は摂取を控えた方がよさそうです。