ワイン

匂いがきついチーズの詳細

*チーズはすごく好きだけど、購入したチーズが思いのほか匂いがきつくて口に運ぶことが出来なかったという経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
実はこの匂いを持つチーズはウォッシュタイプと呼ばれ、日本ではあまり一般的な製法ではないですが、ヨーロッパ地方の産地では一般的に作られている手法の一つです。

ウォッシュタイプのものは表面に付着する菌で熟成させるのが特徴で、菌の分解成分から発生する匂いがまた強烈なのですが、中身はやわらかく食べやすいものも多いそうです。
もちろんその他にも、ゴルゴンゾーラやブルーチーズで有名な青カビで熟成させたものなども匂いがきついです。

こうした製法は日本では一般的ではなく、プロセスチーズと呼ばれるナチュラルチーズを加熱処理し、熟成させたものが一般的であるからこそ初めて食べる方は違和感を覚える方も多くいると言われています。
もちろんせっかく購入したチーズなので匂いがきつくても、においを中和してくれるニンニクやハーブと一緒に牛乳などと煮込み薄めてパスタソースを作る、他のチーズと煮込みチーズフォンデュにするなど調理法次第では、コクの強いウォッシュタイプも美味しく頂くこともできるので挑戦してみてはいかがでしょうか。